MENU

産後の抜け毛の原因について

産後の抜け毛は女性の悩みの一つです。
産後3ヶ月頃から目立つようになり、暫く続きます。ここでは産後の抜け毛の原因について解説します。

 

 

 

妊娠から出産は女性にとって大きなイベントです。母親になった瞬間はこれまでにない満足感や喜びを感じる時期でもあります。しかし、出産後は母親の身体は非常におおきな変化をする時期になります。妊娠中は女性ホルモンの分泌がこれまでよりも多くなります。そのため、髪の毛の成長期が伸び、髪全体のボリュームが増えてきます。しかし、出産後はホルモンバランスが変化し、抜け毛がはじまります。

 

女性ホルモン「エストロゲン」と抜け毛

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。本来、この2つの女性ホルモンは交互に働きをしますが、妊娠中はどちらの女性ホルモンも分泌量が増加します。2つの女性ホルモンが活発になることで、安全に出産出来ると言われています。育毛、薄毛対策で特に大事なのがエストロゲンです。エストロゲンは血行促進作用や細胞活性化作用があり、髪の毛の成長に影響を与えます。産後、このエストロゲンが急激に減ることで、髪の毛の抜け毛は増加します。

 

 

産後の抜け毛の特徴

産後の抜け毛は、妊娠3ヶ月後くらいから、かなり増えてきます。お風呂の排水口に抜け毛が増えているのもわかります。このままどんどん抜けるのではないかと心配にもなります。特に20代から30代前半の女性に抜け毛は多くなりがちです。しかし、産後の抜け毛は一時的なものが殆どです。ホルモンバランスによって起こる生理現象の一つで、時期が来ればまた生えてきます。ただ、高齢出産の場合は産後の抜け毛がなかなか回復しないこともあります。また、産後の睡眠不足やストレスなどによって、血流や代謝が低下すると、抜け毛が増加する事もあります。

 

 

ただ、産後の抜け毛の多くは一時的なものです。6ヶ月頃から、再びヘアサイクルが改善し、髪の毛がもどりはじめます。ただ、産後のストレスや睡眠不足が長引くと、毛髪の成長力などは低下することがあります。そして、高齢出産になると、代謝が低下することで、髪の毛がなかなか戻らないこともよくあります。ここでは産後の抜け毛対策やおすすめの育毛剤などについて紹介します。

産後の育毛剤選びのポイント

産後の抜け毛がなかなか改善しない方には育毛剤の使用がおすすめです。
特に高齢出産やストレスを抱えている方で抜け毛を改善したい方に抜け毛対策について紹介します。(参考:産後育毛剤

 

 

血流改善、代謝促進がポイント

出産後の抜け毛は女性ホルモンが大きく関係しています。エストロゲンが減少することで代謝が低下し、髪の毛を作る細胞の活動が弱くなります。産後の抜け毛は一過性であることが殆どですが、30代以降の出産や産後ストレスなどにより、なかなか毛髪が回復しないことも多くあります。産後の抜け毛の多くは頭皮あたりから全体的に薄くなるびまん性脱毛症です。薄毛対策で大事なのは血流改善です。血行が良くなると細胞分裂も活性化し、髪の毛が成長しやすくなります。

 

 

保湿、炎症を抑える

妊娠中から産後にかけて頭皮環境が乱れやすくなります。特に、産後は女性ホルモンの影響によって乾燥しやすくなります。乾燥すると外部刺激によって炎症を引き起こします。また、紫外線などの影響でフケ、痒みが出ることもあります。授乳によって栄養が不足し、頭皮が乱れることもあります。産後の頭皮ケアには保湿成分や炎症を抑える成分を配合した育毛剤がおすすめです。また、できるだけ香料や石油系界面活性剤、パラベンなどの刺激成分は無添加の育毛剤をおすすめします。

 

 

ホルモンバランスのケア

育毛剤でダイレクトに女性ホルモンのコントロールはできません。産後のホルモンバランスの乱れは避けることはできません。出来ることは、イソフラボンを含んだ大豆などを意識的に摂ることや、体内の血行を促進し、卵巣に血液をしっかりと送ることなどです。最近では、ダイズエキスやバラエキスなどを配合した女性育毛剤も配合しています。ホルモンバランスの改善をサポートし、育毛を促進します。

産後の薄毛、抜け毛を改善する方法

多くの女性は産後に抜け毛が増える経験します。
ここでは産後に抜け毛が起きるメカニズムを理解して、抜け毛の対策法を紹介します。

 

 

産後に抜け毛が起きる女性は多い

産後に起きる抜け毛の症状は分娩後脱毛症、出産後脱毛症とも呼ばれ、多くの女性に起きる抜け毛です。妊娠中にはプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されるのですが、産後にはプロゲステロンが通常の状態に戻ろうとします。

 

この女性ホルモンのバランスの乱れによって、妊娠中や産後には一時的に抜け毛が増えることがあるのです。また、産後には赤ちゃんのお世話が始まり、生活環境が新しくなることによってストレスも溜まってしまい、生活も不規則になりやすく、睡眠不足になることで血行不良やホルモンの乱れなどが起こります。

 

産後の抜け毛対策

妊娠から産後にかけての抜け毛を予防するためには、ホルモンバランスを整える栄養をしっかり摂ることが大切です。生活習慣を整えることも大切で、特に睡眠不足になりがちですが、少しでも睡眠をとるようにします。

 

ストレスが溜まってしまうと抜け毛に影響します。赤ちゃんのお世話を両親や旦那さんにお願いして、気持ちをリフレッシュさせる時間を作ることも抜け毛対策として重要です。産後にすぐヘアカラーやパーマをすると、頭皮に刺激を与えてしまうため、控えておくことをお勧めします。

 

育毛効果のあるヘアケアアイテム

産後に起きる抜け毛は、ホルモンバランスの変化によってどうしても引き起こされてしまいます。ほとんどの場合、一時的に抜け毛が増える症状であるため、放置していても妊娠、産後の抜け毛は徐々に落ち着いてきますます。

 

ただ、高齢出産やストレスなどにより、薄毛の回復が遅れてる場合があります。気になって悩んでいる人には育毛剤を使ってケアする方法をおすすめします。。産後の抜け毛のことを考えて作られた女性用育毛剤も販売されているので、赤ちゃんに影響を与えず抜け毛のケアが可能です。食生活やストレスケアをしながら、授乳中の人でも使用できるタイプの育毛剤を活用してみましょう。

産後の抜け毛の特徴

産後の抜け毛は一体どのくらい抜けるのでしょうか?
ホルモンバランスの変化、ストレス、ダイエットなど抜け毛の原因は様々です。ここでは産後の抜け毛の症状について紹介します。

 

 

一般的な抜け毛の本数とは?

 

抜け毛はブラシに抜けた髪の毛が目立ったり、シャンプー時に髪がまとめて抜けることを指します。
一般的な人の1日の抜け毛の量は約50本〜80本ほどと言われていますが、人によっては100本近くの髪が抜けている人もいます。

 

その数字を見て驚く方も多いと思いますが、実際に人の髪の全体量は10万本だと言われているので、1日に抜ける髪の本数を考えればそこまで不安がる必要もないと思います。また抜け毛の数はその季節によっても変わります。一番多いとされる秋は100本以上抜ける人もいます。

 

そして産後の抜け毛やピルの使用を中断した女性もホルモンバランスの影響によって抜け毛が一時的に増える傾向があり半年以上も続く人がいます。

 

 

 

産後、更年期の抜け毛はどのくらいの量が抜けるのか

 

産後、更年期の抜け毛はどのくらいの量の髪の毛が抜けるのでしょうか。出産後の抜け毛は産後2〜3カ月後に始まると言われています。
更年期の抜け毛は40代以降、45歳くらいから始まります。女性ホルモン「エストロゲン」には、髪の成長や髪を健康に保つ働きがあります。

 

エストロゲンの分泌が低下してしまうと髪が抜けてしまいます。産後、更年期はホルモンの乱れが原因で抜け毛が増えます。更に疲労やストレス、寝不足、授乳などによって更に抜け毛を招いてしまいます。

 

多い人で1日150本近くも抜けてしまうと言われており、頭皮の乾燥によっても頭皮へ十分な栄養が届かず抜け毛が増えてきます。。そして次第にブラッシングの際やちょっと髪を結んだだけでも抜け毛が発生してしまうので不安になる女性も多いと言います。

 

 

どんな場面で髪は抜けやすい?

 

抜け毛は1日のうちにどのような時に一番抜けているのでしょうか。それはやはり髪を洗っているシャンプー時が危険でしょう。

 

1日の抜け毛のタイミングはダントツでシャンプー時だと言われています。しかし抜け毛のすべてがシャンプー時抜けるのではなく、シャンプー前からすでに抜けていた髪が頭を洗っている時に洗い出されるのです。髪をひっぱったり無理な洗い方をしていなければ、シャンプーによって抜け毛が増えてしまうということは無いようです。

 

次に多いタイミングとしてはやはりブラッシング時でしょう。無理に髪をひっぱったりするとそのまま髪が抜けてしまったり、枝毛の原因になってしまうので注意しましょう。シャンプーに関しては洗浄力や刺激の弱いアミノ酸洗浄成分を使用したシャンプーがおすすめです。シャンプー後はしっかりタオルドライを行い、育毛剤等を使用する事をおすすめします。

 

産後におすすめ育毛剤「マイナチュレ】の特徴

 

産後の抜け毛対策でおすすめなのがマイナチュレです。マイナチュレは女性用育毛剤の中でもかなり人気があります。ここでは女性用育毛剤「マイナチュレ」の人気のポイントについて紹介します。

 

 

無添加にこだわり低刺激

産後の頭皮はとても敏感になります。そのため、育毛剤を使用する際はできるだけ低刺激タイプがおすすめです。マイナチュレには香料、着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、酸化防止剤などの刺激成分は無添加。頭皮にダメージとなる成分を配合せず、産後も安心して使用することができます。

 

 

血流改善成分を豊富に配合

薄毛、抜け毛の改善には血流改善が重要です。血液に含まれるアミノ酸などの栄養分、酸素をしっかりと毛乳頭に届ける事が育毛には欠かせません。マイナチュレには有効成分「センブリエキス」をはじめ、ニンニクエキス、ニンジンエキスなどの植物エキスを配合し、血液の改善をサポートします。さらに、細胞活性化作用のあるミツイシコンブエキスも配合し、育毛を促進します。

 

頭皮環境を改善する植物エキスを配合

産後の頭皮は女性ホルモンのバランスの変化により敏感になります。乾燥などによって痒みやフケが出ることもあります。マイナチュレには炎症を抑制する有効成分「グリチルリチン酸2k」、「ジフェンヒドラミンHCI」を配合。その他にも、抗酸化作用のあるローズマリーエキス、保湿作用のあるアロエエキス、アミノ酸などもたっぷり配合。乾燥や炎症などを抑えることで、頭皮環境を改善してフケやかゆみなどを抑えます。

産後の抜け毛には葉酸

 

葉酸の特徴

 

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害の発症を抑える効果があり、妊活中や妊娠中に欠かせないサプリメントとして有名です。ただ、それだけでなく出産後の
授乳中にもおすすめの栄養素です。葉酸はほうれん草、ブロッコリー、レバーなどに含まれています。熱を通すと栄養分が減少するため、加熱しないほうが栄養が残ります。妊娠中や授乳中は葉酸が不足しやすいため、サプリメントで補う事も重要になります。

 

葉酸は水溶性ビタミンBの一種で、造血ビタミンとも呼ばれています。授乳している時には造血ビタミンは欠かせない栄養素です。葉酸が不足すると貧血の原因となります。さらに、葉酸の不足は血流の低下を引き起こして動脈硬化を引き起こす恐れがあります。

 

葉酸の効果

 

・核酸、タンパク質の合成
葉酸には核酸やタンパク質の合成をサポートする作用があります。タンパク質の合成を促進することで、髪の毛や皮膚を健康に保つ働きがあります。また、核酸は毛母細胞の活性化にも重要な栄養で、育毛促進をサポートします。

 

・貧血予防
造血ビタミンと呼ばれる葉酸は赤血球に欠かせない栄養素です。葉酸とビタミンB12は赤血球と作りだすことで貧血を予防します。特に、授乳中は血液が必要になるため、通常よりもしっかりと葉酸を摂ることが大切になります。

 

・動脈硬化を予防
葉酸にはアミノ酸「ホモシステイン」をメチオニンやシステインに変換する働きがあります。葉酸が不足すると血液中にホモシステイン量が増加し、動脈硬化を引き起こします。血液中のホモシステイン濃度があがると、血栓ができやすくなります。

 

・胎児の神経管閉鎖障害を予防
葉酸が不足すると神経管閉鎖障害を招く恐れがあります。さらに、口蓋裂や先天性の心疾患の予防にも有効な栄養素です。乳幼児の成長にも有効なため、産後の授乳中も継続して摂る事をおすすめします。

産後の抜け毛対策 シャンプー

 

産後はホルモンバランスの急激な変化により、頭皮が敏感になります。産後の抜け毛対策には、育毛剤に加えてシャンプー選びも重要になります。

 

シャンプー自体には育毛効果はありませんが、頭皮のフケやかゆみを改善する作用があります。産後はホルモンバランスやストレスで頭皮が乱れやすくなります。そのため、フケやかゆみなども発生しやすくなります。ここでは産後の抜け毛におすすめのシャンプー、スカルプDボーテについて紹介します。

 

アミノ酸で優しく洗浄

スカルプDボーテはアミノ酸洗浄成分のみを使用。皮脂を取りすぎることなく、頭皮を優しく洗浄。脱脂力の強い硫酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウムなどは一切不使用です。産後の敏感な頭皮にはアミノ酸系洗浄成分がおすすめです。

 

フケの原因となる細菌の発生を阻害

スカルプDボーテには有効成分「ピロクトンオラミン」を配合しています。ピロクトンオラミンにはフケやかゆみの原因となる細菌を阻害する作用があります。さらに、頭皮の匂いなども抑制します。

 

保湿成分で頭皮乾燥を予防

スカルプDボーテには頭皮に潤いをもたらすグリセリン、ヒアルロン酸、ナトリウムなどの保湿成分を豊富に配合。頭皮を優しく洗いつつ、保湿成分で頭皮を健やかに保ちます。

 

炎症を抑えて痒みを予防

スカルプDボーテには炎症を抑える有効成分「グリチルリチン酸2k」をはじめ、炎症を抑えるビワ葉エキス、イリス根エキスなどの植物エキスを配合。頭皮の乾燥によって発生する炎症を抑えて痒みを予防します。

 

 

更新履歴