MENU

産後の抜け毛の特徴

産後の抜け毛は女性の悩みの一つです。
産後3ヶ月頃から目立つようになり、暫く続きます。ここでは産後の抜け毛の原因について解説します。

 

 

産後の抜け毛の特徴

妊娠から出産は女性にとって大きなイベントです。母親になった瞬間はこれまでにない満足感や喜びを感じる時期でもあります。

 

しかし、出産後は母親の身体は非常におおきな変化をする時期になります。妊娠中は女性ホルモンの分泌がこれまでよりも多くなります。

 

そのため、髪の毛の成長期が伸び、髪全体のボリュームが増えてきます。しかし、出産後はホルモンバランスが変化し、抜け毛がはじまります。

 

 

産後の抜け毛 いつまで?

 

産後の抜け毛、分娩後脱毛症は産後3ヶ月から6ヶ月頃までピークです。人によっては1年くらい続く人もいます。ただ、分娩後脱毛症は一時的な症状です。ホルモンバランスによって起こる生理現象の一つで、時期が来ればまた生えてきます。

 

ただ、高齢出産の場合は産後の抜け毛がなかなか回復しないこともあります。また、産後の睡眠不足やストレスなどによって、血流や代謝が低下すると、抜け毛が増加する事もあります。

 

 

産後の抜け毛の原因

 

産後抜け毛

 

女性ホルモンの減少

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増加します。女性ホルモンの分泌量が増えることで血流改善、細胞活性化作用により毛髪の成長期は長くなります。出産後は女性ホルモンの分泌量が通常に戻ります。その結果、これまで成長期にあった多くの毛髪が退行期、休止期に移行し、抜け毛が増えてしまいます

 

 

ストレス

産後のストレスも抜け毛の原因となります。特に始めての出産後は慣れないことばかりでストレスが非常に強くなる時期です。ストレスは血管を収縮させ、血行不良を引き起こします。その結果、毛乳頭への栄養が減少してしまいます。ストレスの解消には睡眠、他人と話すこと、

 

 

睡眠時間

産後の抜け毛の原因の一つが睡眠不足です。赤ちゃんが泣いて3時間おきに起きることも度々あるため仕方ありません。ただ、睡眠中には代謝を活性化する成長ホルモン、活性酸素を阻害するメラトニンが分泌されます。少しの時間でも睡眠をコマメにとることをおすすめします。

 

 

食事

授乳も行っているため、しっかりと栄養を摂ることが大切です。産後ダイエットに必死になりすぎると栄養が不足し、毛髪の成長力はて以下します。髪の毛の元になるタンパク質や代謝を促進するビタミンや亜鉛などは欠かせません。その他、授乳をしている場合は鉄分や葉酸、DHAなどをサプリで摂取することもおすすめします。

 

産後の抜け毛を改善する方法

多くの女性は産後に抜け毛が増える経験します。
産後の抜け毛はホルモンバランスの変化をはじめ、育児のストレス、睡眠不足、食事などが関係しています。ここでは産後の抜け毛対策について紹介します。

 

 

しっかり栄養を摂る

授乳によって栄養を消費するため、しっかりと栄養を補給する必要があります。産後に摂りたい栄養素は葉酸です。葉酸は出産後の乳児の発達にも影響があります。授乳中は葉酸と同時に鉄やカルシウムの摂取することをおすすめします。

 

その他、イソフラボンもおすすめです。イソフラボンは植物エストロゲンとも呼ばれ母乳の出が良くなる作用もあります。豆乳を飲んだり、大豆食品を摂取することで補給できます。

 

 

育毛剤を使用する

産後の抜け毛はホルモンの変化によって起きるため、殆どの場合は一時的で、少しずつ落ち着いてきます。ただ、高齢出産の場合や過度のストレスやダイエットをした場合、薄毛の回復が遅れることがあります。

 

産後の抜け毛対策には無添加の女性育毛剤を活用することもおすすめです。育毛剤には血流改善作用や頭皮環境を改善する作用などがあり、毛根の活性化をサポートしてくれます。

 

 

低刺激シャンプーを使用する

産後は頭皮も敏感になりやすい時期です。頭皮に刺激を与えない低刺激のアミノ酸シャンプーがおすすめです。アミノ酸シャンプーは皮脂を取りすぎることなく、毛穴の汚れをおとします。また、洗い上がりも髪がゴワゴワすることはありません。

産後の育毛剤選びのポイント

産後の抜け毛がなかなか改善しない方には育毛剤の使用がおすすめです。
特に高齢出産やストレスを抱えている方で抜け毛を改善したい方に抜け毛対策について紹介します。(参考:産後育毛剤

 

 

血流改善、代謝促進がポイント

出産後の抜け毛は女性ホルモンが大きく関係しています。エストロゲンが減少することで代謝が低下し、髪の毛を作る細胞の活動が弱くなります。産後の抜け毛は一過性であることが殆どですが、30代以降の出産や産後ストレスなどにより、なかなか毛髪が回復しないことも多くあります。産後の抜け毛の多くは頭皮あたりから全体的に薄くなるびまん性脱毛症です。薄毛対策で大事なのは血流改善です。血行が良くなると細胞分裂も活性化し、髪の毛が成長しやすくなります。

 

 

保湿、炎症を抑える

妊娠中から産後にかけて頭皮環境が乱れやすくなります。特に、産後は女性ホルモンの影響によって乾燥しやすくなります。乾燥すると外部刺激によって炎症を引き起こします。また、紫外線などの影響でフケ、痒みが出ることもあります。授乳によって栄養が不足し、頭皮が乱れることもあります。産後の頭皮ケアには保湿成分や炎症を抑える成分を配合した育毛剤がおすすめです。また、できるだけ香料や石油系界面活性剤、パラベンなどの刺激成分は無添加の育毛剤をおすすめします。

 

 

ホルモンバランスのケア

育毛剤でダイレクトに女性ホルモンのコントロールはできません。産後のホルモンバランスの乱れは避けることはできません。出来ることは、イソフラボンを含んだ大豆などを意識的に摂ることや、体内の血行を促進し、卵巣に血液をしっかりと送ることなどです。最近では、ダイズエキスやバラエキスなどを配合した女性育毛剤も配合しています。ホルモンバランスの改善をサポートし、育毛を促進します。

 

 

産後におすすめ育毛剤

マイナチュレ

 

産後の抜け毛対策でおすすめなのがマイナチュレです。マイナチュレは女性用育毛剤の中でもかなり人気があります。ここでは女性用育毛剤「マイナチュレ」の人気のポイントについて紹介します。

 

無添加にこだわり低刺激

産後の頭皮はとても敏感になります。そのため、育毛剤を使用する際はできるだけ低刺激タイプがおすすめです。マイナチュレには香料、着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、酸化防止剤などの刺激成分は無添加。頭皮にダメージとなる成分を配合せず、産後も安心して使用することができます。

 

血流改善成分を豊富に配合

薄毛、抜け毛の改善には血流改善が重要です。血液に含まれるアミノ酸などの栄養分、酸素をしっかりと毛乳頭に届ける事が育毛には欠かせません。マイナチュレには有効成分「センブリエキス」をはじめ、ニンニクエキス、ニンジンエキスなどの植物エキスを配合し、血液の改善をサポートします。さらに、細胞活性化作用のあるミツイシコンブエキスも配合し、育毛を促進します。

 

頭皮環境を改善する植物エキスを配合

産後の頭皮は女性ホルモンのバランスの変化により敏感になります。乾燥などによって痒みやフケが出ることもあります。マイナチュレには炎症を抑制する有効成分「グリチルリチン酸2k」、「ジフェンヒドラミンHCI」を配合。その他にも、抗酸化作用のあるローズマリーエキス、保湿作用のあるアロエエキス、アミノ酸などもたっぷり配合。乾燥や炎症などを抑えることで、頭皮環境を改善してフケやかゆみなどを抑えます。

 

 

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤

 

頭皮ケア成分を56種類配合した無添加の育毛剤。とろみのある育毛剤が頭皮を活性化して産後の抜け毛対策をサポートします。

 

血流改善成分で毛根活性化

ベルタ育毛剤には有効成分にセンブリエキスと酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体)を配合しています。センブリエキスとビタミンEには血流改善作用があり、毛根に栄養や酸素を届ける働きがあります。さらに代謝を活性化するプラセンタエキスも配合し、産後の抜け毛対策をサポートします。

 

植物エキスで頭皮環境を改善

ベルタ育毛剤には植物エキスが非常に豊富に含まれています。炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウム、糖化を予防する受け果実、シルバーバイン果実エキスなどを配合。さらに、保湿作用のあるアミノ酸やコラーゲンも配合し頭皮の乾燥を抑制します。

 

 

エンジェルリリアン

エンジェルリリアン

 

低刺激にこだわった産後の抜け毛におすすめの育毛剤。無添加、低アルコールに加え、毛根を活性化する生薬や植物エキスを配合。

 

血流改善成分で育毛サポート

エンジェルリリアンには血流改善作用のあるセファランチン、センブリエキスを配合。血流改善作用によって毛根の活性化をサポート。さらに、細胞活性化作用のあるパンテノール、海藻エキスも配合しています。

 

無添加で頭皮ケア

エンジェルリリアンは低アルコールで、合成香料、パラベン、シリコンなどは無添加。産後でも安心して衣装できます。その他、炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウム、ビワ葉エキス、女性折るもん作用のあるヒオウギエキスなども配合しています。

産後の抜け毛対策 シャンプー

 

産後はホルモンバランスの急激な変化により、頭皮が敏感になります。産後の抜け毛対策には、育毛剤に加えてシャンプー選びも重要になります。

 

シャンプー自体には育毛効果はありませんが、頭皮のフケやかゆみを改善する作用があります。産後はホルモンバランスやストレスで頭皮が乱れやすくなります。そのため、フケやかゆみなども発生しやすくなります。ここでは産後の抜け毛におすすめのシャンプー、スカルプDボーテについて紹介します。

 

アミノ酸で優しく洗浄

スカルプDボーテはアミノ酸洗浄成分のみを使用。皮脂を取りすぎることなく、頭皮を優しく洗浄。脱脂力の強い硫酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウムなどは一切不使用です。産後の敏感な頭皮にはアミノ酸系洗浄成分がおすすめです。

 

フケの原因となる細菌の発生を阻害

スカルプDボーテには有効成分「ピロクトンオラミン」を配合しています。ピロクトンオラミンにはフケやかゆみの原因となる細菌を阻害する作用があります。さらに、頭皮の匂いなども抑制します。

 

保湿成分で頭皮乾燥を予防

スカルプDボーテには頭皮に潤いをもたらすグリセリン、ヒアルロン酸、ナトリウムなどの保湿成分を豊富に配合。頭皮を優しく洗いつつ、保湿成分で頭皮を健やかに保ちます。

 

炎症を抑えて痒みを予防

スカルプDボーテには炎症を抑える有効成分「グリチルリチン酸2k」をはじめ、炎症を抑えるビワ葉エキス、イリス根エキスなどの植物エキスを配合。頭皮の乾燥によって発生する炎症を抑えて痒みを予防します。

 

 

産後の抜け毛におすすめのシャンプー

 

haruシャンプー

haruシャンプー

 

haruシャンプーは天然由来成分にこだわったアミノ酸シャンプー。頭皮への負担を抑えたアミノ酸洗浄成分が皮脂を取りすぎることなく、汚れを洗い流します。

 

頭皮に優しいシャンプー

haruシャンプーは洗浄成分にアミノ酸洗浄成分のみを使用。脱脂力の強い石油系界面活性剤や石鹸洗浄成分などは不使用です。また、シリコンや合成香料、合成着色料、鉱物油、合成保存料なども無添加。頭皮が敏感になりやすい産後も安心です。

 

植物エキスを豊富に配合

haruシャンプーには白髪予防をサポートするヘチマン、頭皮を活性化するキャピキシル、保湿作用のある海藻エキスやサクラ葉エキスなどを配合し、頭皮環境を改善。さらに、天然精油を配合することで、リンスやコンディショナーなしでも髪の毛がきしみません。

 

 

スカルプDボーテ

スカルプDボーテ

 

低刺激へのこだわり

スカルプDボーテはアミノ酸洗浄成分のみを使用し、頭皮への負担を抑えたシャンプーです。さらに、パラベンやシリコン、合成着色料、合成香料などは無添加。乾燥し易い頭皮にも安心してしようできます。

 

フケ、痒みを抑えて頭皮を健やかに

スカルプDにはフケを抑えるピロクトンオラミン、炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウムを配合。さらに、保湿作用のある豆乳発酵液、セイヨウハッカエキス、頭皮を活性化するニンジンエキス、チンピエキスなども配合しています。

 

 

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー

 

アミノ酸で頭皮と髪に優しい

チャップアップシャンプーには5種類のアミノ酸洗浄成分を使用。刺激の強い硫酸ナトリウムは使用していません。また、シリコン、パラベン、鉱物油、合成着色料なども無添加。敏感肌や乾燥肌にも安心してしようできるシャンプーです。

 

植物エキスを豊富に配合

チャップアップシャンプーには保湿作用のあるセージ葉、ローズマリー、ラベンダー、カミツレなど、10種類のオーガニックエキスを配合。さらに糖化を抑えるウメ果実エキス、炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウムなども配合。コンディショナーなしでも頭皮と髪はしっとりし、きしみやゴワつきがありません。

産後の抜け毛におすすめのサプリ

葉酸サプリ

 

 

葉酸の特徴

 

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害の発症を抑える効果があり、妊活中や妊娠中に欠かせないサプリメントとして有名です。ただ、それだけでなく出産後の
授乳中にもおすすめの栄養素です。葉酸はほうれん草、ブロッコリー、レバーなどに含まれています。熱を通すと栄養分が減少するため、加熱しないほうが栄養が残ります。妊娠中や授乳中は葉酸が不足しやすいため、サプリメントで補う事も重要になります。

 

葉酸は水溶性ビタミンBの一種で、造血ビタミンとも呼ばれています。授乳している時には造血ビタミンは欠かせない栄養素です。葉酸が不足すると貧血の原因となります。さらに、葉酸の不足は血流の低下を引き起こして動脈硬化を引き起こす恐れがあります。

 

葉酸の効果

 

・核酸、タンパク質の合成
葉酸には核酸やタンパク質の合成をサポートする作用があります。タンパク質の合成を促進することで、髪の毛や皮膚を健康に保つ働きがあります。また、核酸は毛母細胞の活性化にも重要な栄養で、育毛促進をサポートします。

 

・貧血予防
造血ビタミンと呼ばれる葉酸は赤血球に欠かせない栄養素です。葉酸とビタミンB12は赤血球と作りだすことで貧血を予防します。特に、授乳中は血液が必要になるため、通常よりもしっかりと葉酸を摂ることが大切になります。

 

・動脈硬化を予防
葉酸にはアミノ酸「ホモシステイン」をメチオニンやシステインに変換する働きがあります。葉酸が不足すると血液中にホモシステイン量が増加し、動脈硬化を引き起こします。血液中のホモシステイン濃度があがると、血栓ができやすくなります。

 

・胎児の神経管閉鎖障害を予防
葉酸が不足すると神経管閉鎖障害を招く恐れがあります。さらに、口蓋裂や先天性の心疾患の予防にも有効な栄養素です。乳幼児の成長にも有効なため、産後の授乳中も継続して摂る事をおすすめします。

更新履歴