MENU

睡眠で薄毛対策

産後の抜け毛には日頃の睡眠不足が関係しています。
抜け毛を少しでも減らすための改善法もご紹介します。

 

 

産後の睡眠不足

 

産後の女性は赤ちゃんの世話に時間を費やすため、なかなか思うように睡眠時間も取れないかと思います。
睡眠時間が取れないことで、ストレスや疲労が溜まってしまいます。
また、睡眠をとらないことで、免疫力が低下してしまい、疲れによる貧血になってしまう人もいます。
特に初めて出産を経験した方は、育児をしなくてはと意気込みすぎてしまい、より睡眠不足を感じてしまう人がいると言います。

 

 

睡眠不足が薄毛を進行させる?

 

睡眠不足になってしまうと美容や健康面にも悪影響が出やすく、特に産後の抜け毛を増やす要因にもなります。
その理由は、睡眠不足による成長ホルモンの分泌不足にあります。
成長ホルモンは細胞を回復させたり、体の疲労感を回復させる作用があり、毛母細胞の活性化をサポートする作用もあります。。
しかし睡眠不足になってしまうと、成長ホルモン上手く分泌されなくなってしまうので髪の成長にも問題が発生しますし、また自律神経のバランスも悪くなることから血流不足に陥り髪に大切な栄養素が送られない事態となります。

 

 

睡眠を少しでも取るための対策法

 

一般的に成長ホルモンが活発になる時間帯は夜10時〜深夜2時と言われいますが、時間にこだわる必要はありません。
睡眠時間をs確保する事が大事です。しかし、子育て中のお母さんがこの時間帯に眠ることは難しく、育児中はなかなか眠ることができない人がほとんどです。

 

実は浅い眠りだと脳が休めないのですが、眠りについてすぐの状態ではノンレム睡眠となるのでっかりと脳が休める状態になります。
本当は7時間程度の睡眠で質の良い睡眠がとれますが、育児中は難しいと思いますので、短時間でも睡眠を摂ることをおすすめします。

 

産後の赤ちゃんも個人差はありますが、少しずつ睡眠時間が長くなります。睡眠不足が続いてしまうと、ストレスも溜まりやすくなり育児ノイローゼになりうることがあるので、旦那さんなど家族に協力してもらいながら子育てをしましょう。こまめに睡眠を取ることが抜け毛予防につながります。