MENU

産後のカラーリング、ヘアケアについて紹介します。

 

 

 

・産後のカラーリングは美容院へ

 

産後にカラーリングをしたいという女性も多いのですが、産後は抜け毛も発生しやすい時期です。カラーリングによる頭皮への刺激やダメージを考えると不安になると思います。果たしてヘアカラーは大丈夫なのでしょうか?

 

頭皮への刺激を考慮して、産後の抜け毛が多い時期は、ヘアカラーはなるべくしない方が良いとされています。
どこかへ出かけたり、お呼ばれをしていてどうしてもヘアカラーをしなくてはいけない場合は、市販のカラーリング剤よりも美容院で行いましょう。

 

その理由は市販のカラーリング剤は薬剤が強めに作られている可能性があるからです。
自分でカラーリングをすると、頭皮や髪に悪いダメージを与えてしまいます。また、美容院でカラーリングをする際は、産後であることを伝え、抜け毛が起きているという状態もしっかり伝える必要があります。

 

 

・カラーリングをして良い時期とは

 

髪を染めたくてもカラーリングをする時期を間違えると体に影響が出ることもあります。産後の女性の体はとてもデリケートになっているので、カラーリングをすることで地肌が荒れてしまう危険性もあります。

 

頭皮だけでなく皮膚にも湿疹が出たり思わぬ影響が起こる場合もあるのです。元々肌が敏感な方が産後3ヶ月目でカラーリングを行ったところ、産後の抜け毛部分が腫れ上がってしまったという話もあるのです。

 

腫れるだけでなく場合によっては頭皮全体が強い痛みが伴うこともあるので注意が必要です。
ですからカラーリングをしても良いタイミングとしては、毛が生えてくる時期が良いという意見もあります。
新しい髪が生えてきている状況なので、ホルモンバランスも落ち着いてきた状態を指すので体が回復してきている証拠なのです。

 

・授乳中のカラーリングは大丈夫?

 

カラーリングは授乳中の赤ちゃんに影響はないのでしょうか?結果として特にどちらにも影響はないので大丈夫です。しかし完全母乳で子育てをされている女性は少量の頭皮についた薬剤が体内へと流れて母乳に混ざる場合もあるようです。

 

その薬剤が赤ちゃんの健康を阻害するような危険なものではないのですが、もしも不安な方は授乳中のカラーリングは控えた方が良いでしょう。その人の髪や頭皮の状態によってはカラーリングをしない方が良いこともあるので、まずは美容師さんと相談した上で判断してください。